ストレスフリーな職場

 医療現場を生まれ変わらせたくて、医療従事者の不足の問題解決に取り組んでいる院長が数多くいるのではないでしょうか。理想的な医療現場にしたい強い想いを抱いていて、必要な人材が揃った医療現場を思い描いているのです。可能性がある限り、医療従事者を増やそうとする意志を持ち続けていきます。

 理想的な労働環境を維持することで、医療従事者の不足が発生せずに済むと考える医療従事者が少なくないでしょう。絵に描いたような労働環境で医療業務をすることで、居心地の良さを肌身に感じられるからです。人材不足とは無縁な労働環境が、医療従事者の士気を高めていきます。労働環境改善を続けていこうとすることで、その改善が理想的な病院体質を継続していくことになると信じています。

 医療現場のリーダーを任されるようになった医療従事者は、責任を持って理想的な労働環境の維持に努めていこうとする気持ちを持っているかもしれません。ストレスフリーだと言えるくらいの労働環境が、医療従事者の精神を安定させていくと信じているのです。いま、医師や看護師のうつ病患者が増えていると言います。その原因は労働環境の悪化と考えられていて、心身ともに負担が増えているのです。うつ病を防ぐには、その原因となるストレスを無くさなければいけません。それは容易なことではありませんが、リーダーという立場になった時には部下のちょっとした変化にも気づけるようになりたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です